派遣で働く治験コーディネーター!

薬剤師求人 > 派遣の治験コーディネーターの注意点

派遣の治験コーディネーターの注意点

治験コーディネーターの働き方も様々な選択肢があります。 家庭の事情などで正社員で働けないという人もいるでしょう。

ライフスタイルに合わせて無理なく働ける派遣を考えているのであれば「違法行為」をしないように気をつけなくてはいけません。

まず、派遣スタッフは医療行為をしてはいけません。 これは派遣法で定められている決まり事なのです。

治験コーディネーターとして医療機関で働くことになっても、必ずしも医療行為をする必要はありません。 ですが、治験の際に、患者さんの検査を行なうのですが、採血が必要な場面に遭遇することがあります。

採血も医療行為に該当するので、派遣の治験コーディネーターが採血するわけにはいきません。 雇用側も派遣スタッフも医療行為をしてはいけないと注意する必要があります。

雇用する側からしてみると、医療行為を任せられないのはネックではありますが、事務などで活躍できる治験コーディネーターを必要としているところもあります。

ちなみに、紹介予定派遣であれば、医療行為を行っても大丈夫です。 医療行為の他に、二重派遣に注意するようにしましょう。 派遣会社が派遣しているスタッフを、また違うところへ派遣してはいけません。 これも派遣法で禁止されています。

派遣社員というものは、派遣会社から依頼され、仕事をし、派遣会社側から給料をもらうという仕組みになっています。 もし二重派遣を行うと滅茶苦茶になってしまうので、信用していい派遣会社なのかを見極める必要があります。

派遣で働くデメリットばかりを上げてしまいましたが、時間に融通がきき、残業がほとんどない等、派遣にはメリットが沢山あります。

医療行為と二重派遣には注意することと、信用できる派遣会社を探すようにしてください。 もし、信用できる派遣会社に出会えないのであれば、転職サイトを利用してみるといいでしょう。 派遣に限らず、あなたのライフスタイルを優先して働ける方法を提案してくれます。