共同薬物治療管理とは?

薬剤師求人 > 薬剤師が行う共同薬物治療管理

薬剤師が行う共同薬物治療管理

共同薬物治療管理(CDTM)は、医師が患者様を診断して、その診断結果を基に長期間に渡る慢性的な病気を治療するための薬物療法を薬剤師が管理することです。
※CDTM=Collaborative Drug Therapy Management

1970年代に米国のカリフォルニア州とワシントン州でスタートしました。 現在では47の州で採用されていますが、CDTMの内容は州によって異なっています。 共通しているのは「慢性心臓疾患」「高血圧症」「糖尿病」「血栓塞栓症」「心不全」「ぜんそく」「予防接種」が対象になっている点です。

中心となっているのは主に病院薬剤師です。 薬局に勤務する薬剤師も「緊急避妊」「禁煙外来」「伝染病の予防接種」などを実践しています。 CDTMは「処方の開始・修正・中止」「検査依頼」……が薬剤師に一任されています。 薬剤師に補助的な処方の権限が与えられている形になっているのです。

次のような内容は薬剤師と契約を結んでいる主治医のカルテに記載されて共有されています。

・投与計画
・患者様とのやりとり
・服薬指導

――どうして薬剤師が慢性疾患患者様の治療管理にタッチするのでしょうか? それは薬事師が薬に関する知識・技能があると認められているからです。

例えば「薬物同士の相互作用」「疾病と薬の関係」「薬物動態」「多剤併用療法」などです。 薬剤に関係する問題点を薬剤師が管理することによって「ヘルスケアの費用削減」「治療結果の向上」「死亡率の減少」「医療ミスの減少」に寄与できるです。

アメリカのCDTMの概念をまるごと日本に導入するのはハードルが髙いです。 ですが興味深い動きがあります。

まずは、厚労省医政局長通知の中に記載されている薬剤師を積極的に活用することが可能な業務の項目です。 薬剤の種類・投与量・投与方法・投与期間などの変更や検査のオーダーについて次のように規定しています。

<医師・薬剤師などによって事前に作成・合意されたプロトコールに沿って専門的知識の活用を通じ医師等と協働して実施すること>とあります。 また、日本薬剤師会編の「調剤指針13改訂」では調剤の概念について次のように表現しています。

・薬剤師が専門性を活かして診断に基づいて提示された薬物療法を患者に対して個別最適化を行うこと
・患者様に薬剤を交付した後も経過観察や結果確認を行います
・薬物療法の評価と問題を把握し、医師や患者にその内容を伝達することまで含む

いずれも日本版CDMTの方向性を示したものと解釈できます。