薬剤師が放射線の測定士になれる?

薬剤師求人 > 放射線の測定を行う薬剤師

放射線の測定を行う薬剤師

あの東日本大震災によって発生した、福島第一原発事故の影響で、放射線の測定を行う地域が急速に増えています。 実はその業務の一端を薬剤師が担っているのです。

本来、輸出品等に対する放射線の測定は、輸出先の国に対して、公的なサーティフィケーション(証明)が必要とされる事が多く、その場合公的機関において測定をする必要があります。

しかし、今回の福島の事故のように、極めて広範囲な地域で想定を大きく上回る放射性物質が検出された場合、前述の公的機関だけではとても測定作業を賄うことができなくなってしまったのです。そこで白羽が立ったのが薬剤師です。

実は薬剤師は、業務上「放射性医薬品」という放射性物質を利用した医薬品を取り扱う事ができるため、放射線に対する専門的な知識を有しており、放射線測定作業を行う人材としてはうってつけなのです。

このような流れを受けて、全国各地の薬剤師会で、放射性物質検査の受託が始まっています。検査の対象となるのは、食品、地下水、飲料水、堆肥、土壌、汚泥等で、測定の対象となる放射性物質は、福島第一原発で発生した水素爆発により拡散したと想定される、放射性ヨウ素や放射性セシウム等になります。

測定作業は、厚生労働省が策定した「緊急時における食品の放射能測定マニュアル(平成14年3月)」に則って、迅速に実施されています。

この他、事故後特に関心が高まっているものに、学校内の各施設での空間放射線量測定作業があります。 影響の大きさを考慮すると、早急に対応が必要な作業なのですが、対象となる施設の多さもあり、進捗状況は思わしくありませんでした。

この作業に対し、学校薬剤師会が協力を始めています。もともと、業務で学校の水質検査等を行っている学校薬剤師のサポートにより、今後の測定作業が急速に進展していく事が期待されています。

今回のようなケースは、薬剤師の持つ専門性とその応用性が、思わぬところで大いに役に立った事例と言う事が出来るでしょう。