フィジカルアセスメントとは?

薬剤師求人 > 薬剤師のフィジカルアセスメント

薬剤師のフィジカルアセスメント

病院に勤務する薬剤師が入院病棟を訪問して患者様の服薬指導をするシーンは一般的になっています。 そして同時に体温・脈拍・血圧測定の<バイタルサインチェック>をする活動が拡大してきています。

調剤薬局に勤務する薬剤師を対象にした<バイタルサインチェック>の研修もスタートしたのです。 実際に実施している調剤薬局もチラホラみられるようになりました。

【薬剤師のフィジカルアセスメントは医療行為ではない!】のです。 「薬剤師が聴診器を持って血圧測定をするのは医師法違反ではないか」と指摘する人もいるでしょう。

従来は、たとえ病院勤務の薬剤師であっても調剤薬局勤務の薬剤師であっても「患者様の身体に触れることはNGである」のが共通認識でした。 調剤薬局に血圧計があっても患者様が自分で測定するのはいいけれども薬剤師が手助けしてはいけない――そんな風潮だったのです。

けれども、診断目的ではなくて、それぞれが担当している職能をより進化させることによって医師の業務を軽減しようという動きがでてきました。

「患者様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に直結する業務ならば一定の条件下で容認しよう」という気運がでてきたのです。 薬剤師などコ・メディカルの業務拡大がテーマになったのは厚生労働省「チーム医療の推進に関する検討会」が報告書を提出したのがきっかけです。

この検討会は医療従事者がそれぞれの専門性を前提にして情報と目的を共有して、補完・連携しあって患者様の治療にあたる方策を検討するために設置されたのです。 薬剤師業務については(1)在宅医療を含む患者様への薬学的管理で副作用状況を把握したり服薬指導をすること(2)外来患者様に対してインフォームド・コンセントへ積極的な参画と薬学的管理などと記載されました。

薬剤師が患者様のバイタルサインを確認する<フィジカルアセスメント>は医療行為ではなくなりました。 「患者様に対して治療に必要な情報を提供する薬学的な管理の一環である」と解釈されたわけです。